読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アサリの島流し紀行

東京・高円寺から貯金をするために小笠原諸島へ住み込みバイトに行ったバンドマンの日記。都会の超夜型ライブハウスマンが1000kmはなれた船でしかいけない島で人間に戻っていくドキュメントでもあります。Twitter→@asari309 asari official WEB→http://asariweb.net/

アサリの島流し 350日目 - 350日の今日

日々の感じたこと 母島の暮らし

新しい仕事、新しいコミュニティ、新しい家、新しい毎日。
前とは違う日を過ごすのは簡単だ。
朝起きて、新しい今日は毎日やってくる。

f:id:shima_asari309:20170223200553j:image  

未来もすぐ過去になる。
当たり前にそばにいた人はいつのまにか思い出の棚に収まって、当たり前に流れた時間はまた、特別なものに戻っていく。

f:id:shima_asari309:20170223200529j:image

 

昨夜の寒さは緩んで、冬がすり抜けるような朝。そういえば船を降りてから、もうひと月以上経ってる。

 f:id:shima_asari309:20170223200720j:image

枯れるほど泣いた母島からのゆり丸の後、本当はあと2晩父島にいるつもりだった。
あかしちゃんやヒロさんにも、シュウさんにもカイくんにだって会いたかったし、音を出したかったけど、冬の海がよく荒れることをすっかり忘れていた。

 f:id:shima_asari309:20170223200758j:image

出港が1日早まってたった一晩、母島にいた時たくさん遊んでくれた人や、前のおが丸以来仲良くなれた幾人かの人、それから忘れちゃならないBAR青灯台のマルさんともね。泣いた後の夜は水分が欲しくて、たくさん飲んだ。

f:id:shima_asari309:20170223200846j:image

f:id:shima_asari309:20170223200918j:image

BAR青灯台への再訪は叶ったけど、今度はほんとに5月に閉店になるらしい。前より少し優しく色っぽくなった気がするマルさんと、未来の話なんかをした。

 

父島からの出港はかなり厳しい海況だった中、翌週に引き上げる(私が来るよりずっと昔、同じラメーフにいた)ツッチー先輩が飛び込んで見送ってくれた。出張のみなちゃんと一緒の船で、なんだか降りるまでまだ母島に戻らない実感がない。

f:id:shima_asari309:20170223200950j:image
けれど船が竹芝に着く頃、放送でokeiさんの歌が流れて、私はもう一度だけ少し泣いた。

 f:id:shima_asari309:20170223201019j:image

 

東京はすごく速い。よく歩く。そして寒い。

すぐに新しい絆家での暮らしがはじまって、新しい友達とたくさん出会ったり、またいろんな友達と再会したりの日が続いた。

f:id:shima_asari309:20170223201128j:image

f:id:shima_asari309:20170223201211j:image
島流しLIFEがはじまってから350日目の日。

 

その日は昨年旅立ち前にドキドキしながら行った小笠原dayがあった。
そして、私のホームだった高円寺club Mission's最後の営業日だった。

 

昼間は母島のスタッフとして、知ってる島のみんなが長い時間をかけて作った、海底熟成ラムの試飲案内をした。

f:id:shima_asari309:20170223202209j:image

売り切れる程好評だったし、働いていた時に泊まってくれたお客さんに何人も再会する嬉しい時間だった。

f:id:shima_asari309:20170223202119j:image 

 

そこから急いで行った高円寺、ミッションズ最後の日をお客さんとして見守った。すべてのバンドに思い出があるような日で、そこに集う顔はみんな仲間ばかりだった。


そんな最後の日トリの演奏は雷怒音。私自身のバンドasariの演奏でサポートしてもらったり、送別会してもらったり、元々はミッションズのスタッフ同士だったりしたジャギーさんのバンド。

f:id:shima_asari309:20170223202243j:image

 

そして雷怒音の計らいで…
ほぼ一文字違いのバンドで初めて対バンした数年前からたくさん一緒にやってきたa.s.a.nのギターあっくんと、私はミッションズ最後の一曲になった「沈まぬ太陽」を共に演奏した。

f:id:shima_asari309:20170223202438j:image

島で過ごしたたくさんのこと、そして終わろうとしている高円寺ミッションズでの…数えきれない記憶を、ただ一曲に込めて一所懸命に歌った。

f:id:shima_asari309:20170223202351j:image


ステージの上から見てた景色は、いつか母島のサンセットシアターから見た沈む夕陽みたいで、ミッションズのジャックダニエルフラッグの…時計あたりにいつまでも沈まない、そんな気がした。

f:id:shima_asari309:20170223202603j:image

 


今日は春の様な生温い気温で、島のスコールみたいな雨とは違う傘が要らない小雨が降っている。


もうすぐ春が来て、島から子供達や転勤の先生、そしてクジラ達が旅立って…また水着で泳ぐ様な夏がすぐにやって来るだろう。

f:id:shima_asari309:20170223202841j:image

 f:id:shima_asari309:20170223203255j:image

 

島から帰ってきた今、このブログをもう終わるべきかと考えていた。

 

けれど私の毎日は家や仕事が変わっただけでなく、何かが少し変わった。

私の心の中には今も島の海や星空が生きていて、まだ私の「島流し」は終わらない。

 f:id:shima_asari309:20170223203348j:image

だから時々、毎日の隙間ふと浮かんだ時、心の中の母島のことを、島流しが変えてくれたことを、また書こうと思います。

f:id:shima_asari309:20170223203448j:image

一年間、短く長い時間を一緒に過ごしてくれた母島・父島のみんな、読んでくれて一緒に島暮らししてくれたみんな、ほんとにありがとうございます。
そしてこれからも…よろしくお願いします。

f:id:shima_asari309:20170223203726j:image

 

一生の友達だからね。
だからまだ、はじまったばかりじゃん!

f:id:shima_asari309:20170223203621j:image

アサリの島流し 340日目 - さよなら母島

母島の暮らし 日々の感じたこと

”僕らの住むこの世界では旅に出る理由があって、誰も皆手を振ってはしばし別れる”

f:id:shima_asari309:20170218172507j:image

12月頃から脇浜で1人ギター稽古しにいく時、この歌をよく歌っていた。

f:id:shima_asari309:20170218172703j:image

その度にグッと何かを飲み込んだ。

 

お別れライブが終わって、やっと腹を決めたようにようやく荷造りに取り掛かる。
あと少しと思えない朝と夜がやってくる。

f:id:shima_asari309:20170218170819j:image

 

会う度に友達が
「これでお別れかもしれない」
と口に出すようになった。私もそうかもしれないと思いながら
「まあ船に乗るまではいるからどっかで会うかもね、またね!」
ばかり繰り返す。

f:id:shima_asari309:20170218170859j:image

 

出発の日の朝、秋にのりちゃんを見送った様に朝日を見に連れてってくれた。

f:id:shima_asari309:20170218170924j:image
また平日でごめんよ。朝日が昇るのを見届けると、友達達は仕事へ向かった。

 

ギリギリまでかかって書けるだけの手紙を書いた。書き始めたらあの人、この人、家族をひとつにして60くらい書いたけど、書ききらなかった人もいた。
荷物をまとめて部屋の掃除を終えると、みさちゃんから借りていたヤンキーみたいな音の原付で手紙を配達してまわる。

 

学校の先生には特に友達が多かったから、仕事中なので入口の事務、松土氏に預けることにした。
すると
「いま授業ない人もいるから…」
声をかけたらたくさん出てきてくれた。
まっすーは教室からクラスの子供達も一緒に。
下駄箱のところにワラワラいる顔を見て、ああ、もう帰るのか…?とまた何かを飲み込んだ。

 

 f:id:shima_asari309:20170218171009j:image

最後のランチを食べに職場だったルシエルへ。船酔したら困るからうどんにして!とみさちゃんに我儘を言った。

ゆっくり食べてお土産を買ってもまだなんか帰る気がしない。

 

時間はいつもの様に過ぎて、出港の時間はすぐやってきた。あまり乗る人のいないはずな入港翌日だが…船客待合所には私より先に来てくれてた人、仕事を抜け出して来てくれた人…たくさんの顔、友達の顔。

f:id:shima_asari309:20170218171121j:image

f:id:shima_asari309:20170218171153j:image

f:id:shima_asari309:20170218171240j:image

 

それでもまだ何かを飲み込んで私は笑ってた。ちょっと出かけるだけの様な気がしてた。

 f:id:shima_asari309:20170218171325j:image

そうこうしていたら…その時が来て。はは丸の代わりに運行してるゆり丸に乗り込むため大岸を歩く。

f:id:shima_asari309:20170218171444j:image

その時、どこからともなく。
太鼓の音が。
初めて聞いた時と同じ、土を跳ねる様な小笠原太鼓のビートが響いてきた。

f:id:shima_asari309:20170218171525j:image

大岸にはみんな仕事のはずの太鼓の先輩達がずらっといて、見送り太鼓を打ち鳴らしてくれてる。 


飲み込みきれなかったものが目からぽろぽろ突然溢れ出した。

f:id:shima_asari309:20170218171718j:image

ずっと一緒に太鼓やってた同い年の友達みどりちゃんに促されて、私はとても情けない顔で太鼓を叩く。

f:id:shima_asari309:20170218171644j:image
なんとか終わりを決め、船に乗った。

 

同じ釜の飯で過ごしてきた同僚達がすぐ近くで手を振ってて、一番よく一緒に飲んでたりさはぐしゃぐしゃ泣いてる。

f:id:shima_asari309:20170218171744j:image
しっかりしなさい、と思いながら私も一度溢れ出したものは止まらない。

 

船は動き出した。

f:id:shima_asari309:20170218171815j:image 

汽笛の音を聞きながら、頭が花壇の様になるくらい、何本もらったかわからないくらいのレイをひとつづつ海に返す。

f:id:shima_asari309:20170218171909j:image


浜に流れ着くと、また帰って来れるんだって。こんだけあったらひとつは絶対流れ着くよ。だから。

必ず帰って来れる。

 f:id:shima_asari309:20170218172001j:image

 

岸壁の端までみんな、追いかけてくれて、島では最も気温が下がるこの寒い時期に…飛び込んで手を振る姿が見えた。

f:id:shima_asari309:20170218172053j:image

 

島は瞬く間に小さくなった。

f:id:shima_asari309:20170218171927j:image


もう離れるなんて信じられない。
明日またみんなにおはようを言わないなんて。

 f:id:shima_asari309:20170218172205j:image

 f:id:shima_asari309:20170218172321j:image 

島影が小さくなりデッキからようやく中に入ると、たまたま出張で父島に行く為一緒の船に乗ったモコちゃんと向井さんが、船の中で荷物と場所を取っててくれた。

 

ちょっと眠ろうかね。

 

そう言ってそれから父島へ着くまで2時間。
私は身体中の水分がカラカラになるんじゃないかってほど、ずっと泣いていた。

 f:id:shima_asari309:20170218172249j:image

さよなら、またね、母島。

アサリの島流し 337日目 - 人生で一番幸せ者だった夜

母島の暮らし 日々の感じたこと

なかなかうまく書けなかった。

やっと1/9のライブについて書きます。

今回はどうしても短くできなかった。長文をお許しください。

f:id:shima_asari309:20170216200357j:image

 

歌うことについて、いや演奏することについて、考えたり発見することはいくつもあった。
初めは「歌うこと自分を表すこと」だった。表現は音楽を越えて自分自信の分身を吐き出すようだ。
それからずいぶん経って「歌うことは話すこと」になった。真夜中に気心の知れた友達と語り合うように、聞いてる人へ話すことのようだ。

 

そして島に来てまた発見した。
聞いている人の前で歌うということはその心と「共に歌うこと」だ。

f:id:shima_asari309:20170216202353j:image

 

内地へ帰る日が決まったことを伝えた時、この一年で2つほど一緒にバンドをやっていたジャイアンから「せっかくだから帰る前に何かやってから帰ろう」と言ってもらった。
そうだなあ、ほんとは3月の船待ライブまでいれたらよかったけど…せっかくみんな練習してきたしなあ。

 

この島には高円寺や新宿みたいにバンドマンがたくさんいるわけじゃない。けれど、この島の人達はほんとたくさん音楽を聴いて愛してる。
だからこそ、何歳の人でも素敵だと思う楽器に出会えばチャレンジしてみたり、飲みながら音が鳴れば踊ったり、ほんとに音楽を知っている人が多かった。


ライブハウスの友達達みたいに手先は動かないけど、その旋律には一つ一つの愛が溢れる。

早速の行動力でジャイアンはみるみるうちに企画してくれた。12月に入って島を歩くと、ちょっと気恥ずかしいくらいにこのポスターに出会った。

f:id:shima_asari309:20170216202433j:image

あさりちゃん、掲示板見たよ、もうすぐ帰っちゃうの?ライブ楽しみにしてるからね!
その日が近づく程に、日々たくさんの人に声をかけてもらうことは初めてだった。

 

違うメンバーとの演奏を5つ持っていた私は、まあもう、毎日昼夜隙間は常に稽古といった具合。へとへとになりながらいつの間にか当日の朝。

島では本当にお世話になりっぱなしだった島のPAギタリストびっちさんの指揮の元、機材を早くから来れる男性陣が運搬。一方ジャズバンドメンバーは、音楽室をライブホールに改装する。

ずっと一緒に練習してきたけど怪我してこの日残念ながら出演できなかったサックスのノエルちゃんが、小さなランプを作ってくれた。

f:id:shima_asari309:20170216202547j:image

よく見ると、浅蜊の解剖図、芸人のあさりど、漫画のあさりちゃん…アサリだらけ 笑
こんな小さな物にもすごく愛がこもってて。

 

午後からのリハが進み、夕方になり。
会場に人が集まりだす。
すでに出演だけでもこんなにたくさんの人が…と私は胸いっぱいなのだが。
始まりの時間になると、子供からお年寄りまで、本当にたくさんの島民が来てくれた。

 

語りだしたら、きりがない。私明日死ぬんじゃないかくらいの、人生で一番幸せ者だった夜を。

 

1.ツナノリジャンキー

f:id:shima_asari309:20170216195940j:image
太鼓同好会の大好きな先輩3人が、アコギ、ハープ、ドラムに持ち変え「プカプカ」を演奏してくれた(私っぽいイメージだそうです 笑)。
この先輩達ほど音楽好きな人、私いないと思う。本当に自由な音楽の楽しみ方を教えてくれた。

 

2.しょうたいむ

f:id:shima_asari309:20170216195955j:image
ギター部作りたいよね!とかいつだったか話したな。本当に良い顔をして演奏する3人。

f:id:shima_asari309:20170216200015j:image

後半は島の王子様の呼び声高い翔くんと私で、ギターアンサンブル。人生初のギターソロにチャレンジさせてもらった。

 

3.ひみつの三線

f:id:shima_asari309:20170216200038j:image
この方も太鼓の先輩。そして三線も、素晴らしいリズム感で軽やかに弾き歌うそのつややかな音楽にとても憧れた女性でした。まさかライブに出てくれるなんて、それだけでも感涙ものだったけど、演奏はやはり最高だった。


4.LRserf

f:id:shima_asari309:20170216200100j:image
生まれてから今まで、こんなに名前呼ばれるのは初めてかもくらいに「アサリ」を加えまくったオリジナル歌詞アレンジで、ボサノバからロックの名曲までおもしろかっこいいメドレー。
たくさん遊んだ友達カズくん、ギターやはりうまい!そしてカンさんポルトガル語さすが!
人の心を掴むのが天性みたいな2人。

 

5.GIANT PINE SHELLZ

f:id:shima_asari309:20170216200128j:image
GuVoは企画のジャイアン、Dr松土慎太郎。それに今回出れなかったBaまっすーという編成のスタジオへDr教えに…と参加しだして、いつの間にKey弾くようになったバンド。松土氏のDrがメキメキ伸びるのが楽しかった。いろんなカバーもやれたし、夏に木こりのアーボマン達とライブした時以来のharp綱さんともご一緒できてよかった。それぞれ「想い」っていうのを形にすることができた気がする演奏だった。

 

6.梅野圭一

f:id:shima_asari309:20170216200144j:image
シークレットって誰だろう⁈と、当日まったく初めて演奏を聴いた梅野さん。世界を一周する音楽は、老若男女に楽しめる、まさにガイドされてすっかり私も旅してしまった。私よりも歳を重ねてからjazzピアノにトライされた話を聞いて、ほんと音楽に壁はないことを教えてもらった。

 

7.あさりの味噌汁

f:id:shima_asari309:20170216200228j:image
5月に一曲やってから、たくさん遊んだり飲み会したり、たぶん私にとって初めてのガールズバンドだった。大好きな友達達と音楽を一緒に弾いて歌って、音楽とは何かという価値観を変えてくれたのはこのバンドだった。

 

8.taeKoni!

f:id:shima_asari309:20170216200248j:image
母島では公私ともにいつも助けてくれてた良き兄さん姉さんコンビ。2人揃って高い演奏技術の超絶ウクレレインストにテンションを抑えられない。フットワーク軽く飛び回り自由に暮らす2人は私にとってやっぱり素敵なお手本だった。

 

9.びっち

f:id:shima_asari309:20170216200318j:image
昨年3月初めて見た時に弾いてたBaで「私この方となんとか何かをやりたい」と思った。音とは雄弁だ。私の直感に間違いはなかった。誘い出してはセッションしてもらったり、年末からはギターアンサンブルでご一緒したり、時々仕事の悩みを聞いてもらったり…頼れる先輩。この日の出演でも唯一のオリジナル曲を演奏してくれた。歌声が素晴らしいギタリスト。びっちさんがいてくれなかったら、島で音楽できなかったと思う。ほんとに有り難かった。

 

10.母島ジャズバンド

f:id:shima_asari309:20170216200337j:image
とにかくみんなでチャレンジしてみよう!ということで、ほぼ未経験メンバーが集まりはじめたjazz。練習に入る度に初心、私が初めてセッションに参加した日のことを思い出す(しめピーというバンドだったなあ)。ライブが決まってから気持ちをひとつにグンと伸びて、ほんといい演奏ができた。やっていてすごく楽しいメンバーだった。またいつか、音を出したい、ほんと。

 

11.アサリ

⑪あさりちゃんソロ 母島冬の音楽会2017 ~ありがとうあさりちゃん - YouTube

f:id:shima_asari309:20170216200844j:image
1曲目someは島の友達もよく覚えてくれた曲で、びっちさんGuと私ピアノで演奏。2曲目ラプラス、3曲目ハートランドはピアノソロで。必死に全力で歌うことだけを考えてたら意識が飛ぶほどだったけど、たぶん、島に来る前と違ったライブができた気がする。

 

もう、長くなりすぎた。
なかなか書けなかった。

来てくれた小さな子からブンタンやお手紙、かわいらしいたくさんの笑顔をもらったり、私の胸は詰まったままだ。実はいまだ勿体無くて食べれなくて、葛西の部屋に飾ったまま…苦笑 

f:id:shima_asari309:20170216202003j:image 

もし人生最良の日を挙げるなら、私はしばらくこの日を挙げると思う。

f:id:shima_asari309:20170216201950j:image

言葉にならないたくさんの光景と音楽がまだしっかり焼きついている。

f:id:shima_asari309:20170216202013j:image 

 

客船待合のウッドデッキには、打ち上げの為に工事の人がテーブルになるように資材を置いておいてくれて、プロジェクターやらクーラーボックス、手づくりおつまみを忙しい中持ってきてくれたり。

 

みんな日曜日、朝から晩までずっと一緒に、いやその前からずっと…。

 

こんなにもらって、どう書いたって言葉が足りるわけがない。

 

あの日を越えて、島にお別れを告げることに、ようやく向き合った私がいた。

My love is the way that dosen't know the end.
Unforgettable days...again

f:id:shima_asari309:20170216201622j:image

 

アサリの島流し 335日目 - さよならの形

母島の暮らし

さよならの仕方には形がある。

じゃあね、またね、おつかれさま、元気でね、良い旅を、幸運に恵まれますように、再び会おう、ありがとう…等

この島と私とのさよならはどんなさよならだったのだろう。

離れた今東京にいる私と、あの島は再び1000km海を隔ててしまった。

f:id:shima_asari309:20170127172617j:image

でも心なしか前より、1000kmってそんな遠くないよね?と思ってる。

 

正月三ヶ日が過ぎると、迫る音楽会の為の練習が毎日なにかしらあり島のあちこちで楽器の音が聞こえた。

そしてたくさんの、私にとって島の中では「最後の」ことが続いた。

 

1/5は最後の太鼓。

まだあまり知り合いのいない頃から仲間にいれてもらって、一年間たくさん教えてもらった。

 

小笠原太鼓同好会のお別れ、と言えばいろんな人が叩いてくれる百叩き。

動画を撮ってもらったら4:47、その日参加してた15人の人が叩いてくれてた。

f:id:shima_asari309:20170129173824j:image

 

下打ちをしてもらう度、それぞれの人から教わったいろんなことが、まさに走馬灯の様に浮かぶ。

f:id:shima_asari309:20170129171631j:image

 

 

私はほんとにたくさん、たくさん、もらったなあ。

 

たくさん遊んで

f:id:shima_asari309:20170127173846j:image

 f:id:shima_asari309:20170127173914j:image 

たくさん歌って

f:id:shima_asari309:20170127173958j:image

f:id:shima_asari309:20170127183838j:image

たくさん弾いて

f:id:shima_asari309:20170127182948j:image

f:id:shima_asari309:20170127183148j:image

f:id:shima_asari309:20170127183015j:image

 たくさん集まって

f:id:shima_asari309:20170127182904j:image

f:id:shima_asari309:20170127182138j:image

f:id:shima_asari309:20170127182159j:image 

たくさん見送って

f:id:shima_asari309:20170127183218j:image

f:id:shima_asari309:20170127183418j:image

f:id:shima_asari309:20170127183356j:image

たくさん作ってもらって

f:id:shima_asari309:20170127182447j:image

f:id:shima_asari309:20170127182553j:image

たくさん行事をして

f:id:shima_asari309:20170127183533j:image

f:id:shima_asari309:20170127183624j:image

たくさん夕日を待って

f:id:shima_asari309:20170127182319j:image

f:id:shima_asari309:20170127183946j:image

たくさん朝日を追いかけて

f:id:shima_asari309:20170127184103j:image

f:id:shima_asari309:20170127184122j:image

 

たくさん、たくさんのことを書くのに文字はとてもじゃないから追いつくわけない。

 

人口450人ちょっと、隣の島までは1日一往復、船で2時間。

f:id:shima_asari309:20170127190045j:image

島に来る物資やお客さんは一週間に一度。

集落はそのほとんどが半径500mくらいの中。

買い物できる商店は3軒。

持ってる物も、作れる物も限られていて。

 

それなのに。

f:id:shima_asari309:20170127190142j:image

島の日々の終わりが近づいて、私は自分のブログの無謀さを知るばかりだ。

こんな日々を書ききれるわけなかった。

 

私は今までもたくさん出会って別れて手にして離れて、そんな風に生きてきたけれど。

 

いったいどれだけのことをちゃんと見てきたのだろう。

f:id:shima_asari309:20170127185940j:image

 

私の中のこの島とのさよならの大きさは、太陽と海の間で急激に膨らんでいった。

f:id:shima_asari309:20170127185808j:image

 

アサリの島流し 331日目 - 走れ!乳房山登山隊

母島探検 母島の暮らし

離れていても繋がって、どこかのできごとを知ることができる時代である。

 

島に来てからこの1年の間しこしこ書き連ねたこのブログを「読んでるよ」と声かけてもらうことが、季節を追うごとにどんどん増えた。

 

バンドの知り合いやお客さん…仲良くなった島民…10年以上ぶりに連絡来た田舎の旧友の知り合いの知り合い…島に観光で来るお客さんまで…実にとんでもなくいろいろな人から声をいただくごと…恐縮してリアクションがカクカクしてしまう私だった。

それでも読んだみなさんの、何か楽しい暇になっていたなら、この上ない幸せであります。

 

今、私は東京の冬にいます。

引き上げ直前は全く書く暇がなかった。

もったいなくて書けなかった。

 

島にいる約450人くらいの、太陽の光で見えて触れることのできる人達と、一緒にいる。そのことだけがリアルだった。

今日という日に、 すれ違い様に挨拶をしたり、握手をしたり、手を振って見送ったり、仕事したり酒飲んだり音楽を一緒に演奏したり。

その一人一人がその瞬間一番大事な今だった。

 

内地に戻ってからも慌ただしく、記事が引き上げの日に追いつくまでまだしばらくかかりそうだけど、薄れない内に追いかけよう。

f:id:shima_asari309:20170121164442j:image

 

年末年始のお客さんが出港して静かさが戻った1/3。実は一年居ていまだ乳房山に登っていなかった(お客さんに散々案内しておきながら…)私に何人か友達が付き合ってくれて、最初で最後の登山遠足に出かけた。

 

天気は晴れ、心地いい気温。

小さな隊長を先頭に、しりとりや連想ゲームをしながら登る。

最近仕事やら飲みやらで集落の中にばかりいて歩いていなかった大人は、最初の坂道からゼイゼイしながら登る。

f:id:shima_asari309:20170117162802j:image

子供達は元気だ。途中道がゴツゴツするまで、アースデイと同じく裸足で登るくらい。(途中で履いた…のもギョサンだし!島っ子の足はたくましい!)

f:id:shima_asari309:20170117162734j:image

道脇の植物やカタツムリ。f:id:shima_asari309:20170117163153j:image

不意に抜ける空。

f:id:shima_asari309:20170118010210j:image

 子供達は歌うみたいに笑う。

f:id:shima_asari309:20170118010134j:image

道中現れたがじゅまるの森。

f:id:shima_asari309:20170121155206j:image

かくれんぼしよーよ!と小さな隊長の発案により盛大な道草がはじまる。

子供は遊び方が上手い。瞬く間に数メートルの高さをスルスル登る。

 f:id:shima_asari309:20170121155255j:image

あんまり早く数えちゃダメ!と言われて、それならと九九で数える。時々間違えながら 苦笑

探すときは音を頼りに。すぐしびれ切らしてソワソワする音が聞こえる。

大人だってすごいんだぞ!とバンバン見つけてると、大きな友達もはるか上にいた。

f:id:shima_asari309:20170121155543j:image

 

遊びに夢中ですっかりお腹が空いてきた一行は腹時計を頼りに山頂を、というかおにぎりを、目指し再始動。

f:id:shima_asari309:20170121155743j:image

青い空に呼ばれる様に初めて小笠原で一番高いところにたどり着いた。

f:id:shima_asari309:20170121155903j:image

抜群に澄んでて父島までよく見える。

f:id:shima_asari309:20170121155942j:image

小さな展望台でおしくらまんじゅうみたいな登頂記念。

f:id:shima_asari309:20170121160332j:image

待望のおにぎりタイム!案外早く登り過ぎて11時前に食べだした…。

f:id:shima_asari309:20170121160813j:image

※誰かがリアル「おむすびころりん 」した直後

 

帰り道は以前絵を描いたけどまだ見たことなかった…

f:id:shima_asari309:20170121161141j:image 

オカモノアラガイがフィーバーの如く現れた!

f:id:shima_asari309:20170121161027j:image

f:id:shima_asari309:20170121161049j:image

山中でたまたま会った島の人とも、大人達大興奮!触れずにツノを出させる秘技を編み出したりして写真撮りまくりの観察会は20分程盛り上がった。

f:id:shima_asari309:20170121161122j:image

その合間に待ちきれなくなった子供達がしびれ切らして先に行ってしまった。

あのナメクジみたいなのがそんなにおもしろいの⁈と希少な生き物も子供達にはいつもそばにいる生き物なんだろう…。

 

私よりはるかに慣れてるけどせっかくだし一緒に行こうよー!と私。美しい南の島の山を走っては撮り走っては撮り…追いかけることにした。

f:id:shima_asari309:20170121161420j:image

f:id:shima_asari309:20170121161500j:image

f:id:shima_asari309:20170121161601j:image

f:id:shima_asari309:20170121161535j:image

f:id:shima_asari309:20170121161624j:image

f:id:shima_asari309:20170121161226j:image

f:id:shima_asari309:20170121161254j:image

稜線を縫う様に下る帰り道。

時々、おうい!とかすかに呼びかけ合いながら…。

f:id:shima_asari309:20170121161333j:image

 f:id:shima_asari309:20170121161723j:image

原始の森の様で

f:id:shima_asari309:20170121161835j:image

近代の爪痕も

f:id:shima_asari309:20170121161759j:image

転がる様に走って追いつくのに結局1km以上走る30代半ばの私…滝汗

「あっ!アサリちゃん!意外と早かったね!」

と言われて追いついたのは、もう集落がしっかり見える見晴台のあたりだった。

f:id:shima_asari309:20170121161855j:image

私達の家って小さいねー!

でも学校は大きい!

 

ああ、私にとってすごい南の果ての島。

大人にとって希少な固有種の溢れた世界遺産の島。

でもこの子らにとって、社会のほとんどすべてで、暮らす家。

 

昼過ぎに無事下山。

しかし一番小さな隊長以外全員ヘトヘトになって私もすっかり昼寝した。

 

明日は筋肉痛かなあ…

観光協会に登頂記念証をもらいに行く夕方、もうすぐ夕焼け、漁船には正月飾り。

f:id:shima_asari309:20170121163524j:image

ここが今の私の暮らす家。

それは途中にあった「お母さんの木」に育つ、小さな植物みたいだと思った。 

f:id:shima_asari309:20170121163951j:image

また、種が飛んでどこかに。

 

アサリの島流し 324日目 - 南の島の年越しは延長15回の夏休み

母島の暮らし

あけましておめでとうございます!

太平洋のど真ん中より、今年もよろしくお願いします。

 

ここ数年、ライブハウスで年越し36時間過ごしていた私、昼型生活になり今年こそ肝臓に優しい寝正月を…

 

とはいかず、やはり今年も…飲んで仕事弾いて飲んで仕事…という、睡眠ままならない年末年始を過ごしました。

 

ひとつ違うのは、相変わらず未だに靴下あまり履いてないこと…。

f:id:shima_asari309:20170105131109j:image

 

書きはじめたらきりがない程の想い出ばかり…写真多めで残しておこうと思う。

 

前記事で書ききれなかったクリスマスの続きから。

 

25日はクリスマスへの意気込みが誰より強いパーティボーイ・島のALT先生ミッチェル企画で、本場さながらの料理を持ち寄る屋外クリスマスパーティがあった。

f:id:shima_asari309:20170105125242j:image

エッグノッグに二種のソースがあるターキー(丸ごと)は、あのテーマパークにいる気分みたいな味がした。

f:id:shima_asari309:20170105125303j:image

島で最も女子力高い気がする2人が作ったターキーは、人生で食べたどのクリスマス料理より美味かった。

(この後、骨を圧力鍋でシチューにするあたりもさすがだ…勝てない…)

 

それから、年末年始は本当によく弾いた。

こんなにたくさんクリスマスソング覚えた年もなかった。

ウクレレ人口が多い島のクリスマスシーズンはとっても優しい音楽に溢れている。

f:id:shima_asari309:20170105125337j:image

クリスマスが終わっても毎日飲み続き、がじゅ下も毎夜賑やかな日々。

酔っ払いながらトランプゲーム教わったり

f:id:shima_asari309:20170105125436j:image

たこ焼き食べて

f:id:shima_asari309:20170105125504j:image

ボーイズとスマホゲームして

f:id:shima_asari309:20170105125546j:image

街の年末年始みたいな華やかな感じではないけど、どことなく島の中も慌ただしくちょっとウキウキ。

私たち観光関連業の忙しさも最早テンションで乗り切る。

f:id:shima_asari309:20170105125638j:image

↑朝から?謎のテンションだった年末年始の職場

大晦日の夕食を片付けてみんなで紅白見たり。

(考えてみたら大晦日にTVみたの数年ぶり)

f:id:shima_asari309:20170105125820j:image

ゆく年くる年の時間に店を出てカウントダウンは月ケ岡神社で。

f:id:shima_asari309:20170105125903j:image

宮司さんすらいない島、おみくじ、お神酒、お炊き上げも役場や地域の人がやる。

 

島にひとつしかない場所、みんな知ってる顔、みんな好きな人達がみんな続々集まる。

f:id:shima_asari309:20170105125944j:image

 

海の果てで迎えた新年に、感動のあまり泣いているお客さんがいた。

特別な年越しだった。

 

明けた元旦は仕込んできた最後の大仕事…

ので初日の出には行けなかったけど、朝入り口を開けると快晴の空が青かった。

f:id:shima_asari309:20170105125952j:image

朝食後、寝不足グロッキーをなんとか立て直して日本で一番早い海開きへ。

f:id:shima_asari309:20170105130400j:image

そもそも海…閉じてないけど…

f:id:shima_asari309:20170105130109j:image

初泳ぎ!

f:id:shima_asari309:20170105130134j:image

元旦からはしゃぎまくってずぶ濡れの映像が、ネットニュースで流れてたらしくて、当たり前ながら動画中すべて知ってる顔まんまで笑った。

…の、ニュース動画はこちら→気温20度!「日本一早い海開き」 小笠原諸島・母島

 

ウミガメのりゅうちゃんとツバサも海に送り出した!(正確にカメ達には名前ないけど、放した人の名前でみんな応援した 笑)

f:id:shima_asari309:20170105130227j:image

仕込んでおいたお年賀。大晦日はひたすらアクセサリー工芸に勤しみました。

f:id:shima_asari309:20170105125615j:image

オーナー秘伝のごま雑煮(汁投入前)

f:id:shima_asari309:20170105125720j:image

元旦の夕食。おせち家族用じゃないのは初めてだから今年はめっちゃ勉強した…。

f:id:shima_asari309:20170105125701j:image

 

めまぐるしい年越しを終えて2日になりやっと一息ついた。最後の繁忙期を終えると、仕事的にもあとはフェードしていく。

f:id:shima_asari309:20170105130502j:image

 

ハッとしたら、もう二週間をきっていた。

2日の出港を見守る時なんだか複雑な顔をしてしまったのは、寝不足のせいだけじゃない。

 

当たり前にあるものに、お別れを告げなくてはならない。なのにまだ、当たり前すぎて実感がわかない。

 

延長15回の夏があと少し。

 

アサリの島流し 320日目 - もういくつ、あといくつ。

母島の暮らし

最近は寒くなって見慣れないコート姿も増えてきた。(と言っても19度とかで、内地の本当の冬の人からしたら小春日和か!だけど…。)

f:id:shima_asari309:20161229130542j:image

 

サービス業の師走が忙しいのは、都会でも南の島でもやはり同じで、飲み会やイベントが続くのも同じく…。

f:id:shima_asari309:20161229130603j:image

寝る間を惜しんで走り回るこの頃。

ああ、寝てなかったら「もういくつ寝ると」カウント減らないのかな?

 

いつの間にか私の中に生まれていたこの場所への愛しさと、静かな寂しさが、1日ごとにじわじわ募りはじめている。

 

クリスマスイブの前の日は職場オーナーの誕生日会。同僚も皆それぞれに気合の一品を持ち寄って…だったので、朝からキッチンが賑々しい。

私も初めてテリーヌを自作してみた。

f:id:shima_asari309:20161229104225j:image

島での「ないものは作る」ことや「飲み会は持ち寄り」という習慣で、本当に料理は鍛えられたと思う。

今まで当たり前に買っていた加工品も、なんだって作ってみるようになった。

(昨日は正月に向けて伊達巻と田作り作ってました)

 

たくさんの家族が集まる賑やかなパーティになったオーナーの誕生日会は、クリスマス前でエキサイト中のちびっ子達もたくさん集まり、さながらテーマパークの気分。

 

そしてこの日、実は島では他にもいくつかパーティ…、以前私が島で初めて歌わせてもらったアウストロのライブも開かれていた。

f:id:shima_asari309:20161229130630j:image

窓から覗く恋ダンス!

 

島の音楽…と言えばこの人!くらいにたくさんのイベントを企画する方から…

ちょっとだけ、歌いに来ない?

と伝言をもらう。

 

少しだけ抜け出して、その場にいた人にギターを借りて…自分の曲、アポロとハートランド、を歌わせてもらった。

 

たくさんの人が引き上げることを知ってくれてて、聞いてくれて。

初めてのアウストロライブの時は、この場所でオリジナルを歌うのは果たしてみんな楽しんでもらえるかどうか…と悩んだけど、今回は迷いなく、素のまま歌えた。

 

本当にこの機会をくれたY先輩、そばにいてくれたすべての島の人、パーティちょい抜けを許してくれたみなさん、本当にありがとうございました。

 

そして翌日は…クリスマスイブ。

母島にサンタが船でやってきた!!! 

f:id:shima_asari309:20161229111409j:image

サンタさん出待ちの子供達絶叫コールの中、私にもサンタさんと同じ船で、素敵な音楽が届きました。

f:id:shima_asari309:20161229111605j:image

(左から、式根島の夏一さん、小笠原の唄うたいOkeiさん、新島の小澤さとさん)

20・21のデイサービス忘年会でも一緒に演奏させてもらった、びっち先輩にも歌ってもらいました。

f:id:shima_asari309:20161229112540j:image

クリスマスイブに家族で参加してくれて…有難い先輩。

 

私も、夢のクリスマス、River、流星群の夜に

を久々ピアノでやらせてもらいました。

最後びっち先輩と一緒にも1曲。

(Don't worry be happy→winter wonderlandメドレー。忘年会の時はこの後に365歩のマーチがつきましたが、ツインVoやってて毎回本当楽しいメドレーでした 笑)

f:id:shima_asari309:20161229113855j:image

↑小西さんの写真拝借します!

 

Okeiさんの歌がはじまると、すーっと海が凪ぐような空気に包まれて。涙を流すお客さんもいました。そこに小澤さとさんの和の雅な歌、夏一さんの爽やかな明るさ、が合わさったナイストリオ。

3人が作る1時間弱は、ライブが初めての人も何歳の人でも楽しくなってあっという間に過ぎる、素敵な時間。

 

去年のクリスマスと同じく、私は今年もバーカウンターからこの景色を眺めていました。

f:id:shima_asari309:20161229113832j:image

ああ、1000km海超えてるけど、地球の上で生きているんだな。誰かが笑ったり泣いたりする心の動きの、なんと美しいこと。

f:id:shima_asari309:20161229120532j:image

(客席にいたフラガールと急遽コラボ!)

 

私はこの美しい場所で生きていられてるのだ。

 

こないだのクリスマス子ども会の自分の台詞ですが…サンタさん、ありがとう!!

 

打ち上げも昨夜に引き続き楽しいワインパーティ。

夏一さんの白いパンツがスパークリングベリーワインに染まる事件、スタッフりさがミニーなヘアバンドをOkeiさんからもらう…とかどんちゃんしたり、この日演奏したみなオリジナル持ち歌ありだったので「初めて作曲したのは何歳?」談義をしたり、遅くまでたくさん話して笑ってた。

f:id:shima_asari309:20161229115937j:image

翌日の見送りではりさが3回飛び込んだ! さすが歌い手、声量あると船が遠ざかっても聞けちゃうリクエスト!笑

 

夏に幻になった夜。

あの時も日帰りで寄ってくれてほんの少し言葉を交わしたくらいだたたけど…

忙しくあちこちの島や東京、いろんな場所で演奏しているOkeiさんが、そのことを忘れずに気にかけてくれていたこと。

 

それが本当にとにかく嬉しいし有難くて。

準備時間あまりなくバタバタだったけど、来てくれたそこにいたみんなが幸せな夜だったこと。

f:id:shima_asari309:20161229120240j:image

翌日の朝、ようやくスタッフでクリスマスケーキ食べました 笑

 

もういくつ、あといくつ、この島の宝物は一生手放せない瞬間ばかりだ。

 f:id:shima_asari309:20161229130453j:image

 

そして…クリスマス当日…

は書ききれないのでまた次記事で…。