読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アサリの島流し紀行

東京・高円寺から貯金をするために小笠原諸島へ住み込みバイトに行ったバンドマンの日記。都会の超夜型ライブハウスマンが1000kmはなれた船でしかいけない島で人間に戻っていくドキュメントでもあります。Twitter→@asari309 asari official WEB→http://asariweb.net/

アサリの島流し 324日目 - 南の島の年越しは延長15回の夏休み

母島の暮らし

あけましておめでとうございます!

太平洋のど真ん中より、今年もよろしくお願いします。

 

ここ数年、ライブハウスで年越し36時間過ごしていた私、昼型生活になり今年こそ肝臓に優しい寝正月を…

 

とはいかず、やはり今年も…飲んで仕事弾いて飲んで仕事…という、睡眠ままならない年末年始を過ごしました。

 

ひとつ違うのは、相変わらず未だに靴下あまり履いてないこと…。

f:id:shima_asari309:20170105131109j:image

 

書きはじめたらきりがない程の想い出ばかり…写真多めで残しておこうと思う。

 

前記事で書ききれなかったクリスマスの続きから。

 

25日はクリスマスへの意気込みが誰より強いパーティボーイ・島のALT先生ミッチェル企画で、本場さながらの料理を持ち寄る屋外クリスマスパーティがあった。

f:id:shima_asari309:20170105125242j:image

エッグノッグに二種のソースがあるターキー(丸ごと)は、あのテーマパークにいる気分みたいな味がした。

f:id:shima_asari309:20170105125303j:image

島で最も女子力高い気がする2人が作ったターキーは、人生で食べたどのクリスマス料理より美味かった。

(この後、骨を圧力鍋でシチューにするあたりもさすがだ…勝てない…)

 

それから、年末年始は本当によく弾いた。

こんなにたくさんクリスマスソング覚えた年もなかった。

ウクレレ人口が多い島のクリスマスシーズンはとっても優しい音楽に溢れている。

f:id:shima_asari309:20170105125337j:image

クリスマスが終わっても毎日飲み続き、がじゅ下も毎夜賑やかな日々。

酔っ払いながらトランプゲーム教わったり

f:id:shima_asari309:20170105125436j:image

たこ焼き食べて

f:id:shima_asari309:20170105125504j:image

ボーイズとスマホゲームして

f:id:shima_asari309:20170105125546j:image

街の年末年始みたいな華やかな感じではないけど、どことなく島の中も慌ただしくちょっとウキウキ。

私たち観光関連業の忙しさも最早テンションで乗り切る。

f:id:shima_asari309:20170105125638j:image

↑朝から?謎のテンションだった年末年始の職場

大晦日の夕食を片付けてみんなで紅白見たり。

(考えてみたら大晦日にTVみたの数年ぶり)

f:id:shima_asari309:20170105125820j:image

ゆく年くる年の時間に店を出てカウントダウンは月ケ岡神社で。

f:id:shima_asari309:20170105125903j:image

宮司さんすらいない島、おみくじ、お神酒、お炊き上げも役場や地域の人がやる。

 

島にひとつしかない場所、みんな知ってる顔、みんな好きな人達がみんな続々集まる。

f:id:shima_asari309:20170105125944j:image

 

海の果てで迎えた新年に、感動のあまり泣いているお客さんがいた。

特別な年越しだった。

 

明けた元旦は仕込んできた最後の大仕事…

ので初日の出には行けなかったけど、朝入り口を開けると快晴の空が青かった。

f:id:shima_asari309:20170105125952j:image

朝食後、寝不足グロッキーをなんとか立て直して日本で一番早い海開きへ。

f:id:shima_asari309:20170105130400j:image

そもそも海…閉じてないけど…

f:id:shima_asari309:20170105130109j:image

初泳ぎ!

f:id:shima_asari309:20170105130134j:image

元旦からはしゃぎまくってずぶ濡れの映像が、ネットニュースで流れてたらしくて、当たり前ながら動画中すべて知ってる顔まんまで笑った。

…の、ニュース動画はこちら→気温20度!「日本一早い海開き」 小笠原諸島・母島

 

ウミガメのりゅうちゃんとツバサも海に送り出した!(正確にカメ達には名前ないけど、放した人の名前でみんな応援した 笑)

f:id:shima_asari309:20170105130227j:image

仕込んでおいたお年賀。大晦日はひたすらアクセサリー工芸に勤しみました。

f:id:shima_asari309:20170105125615j:image

オーナー秘伝のごま雑煮(汁投入前)

f:id:shima_asari309:20170105125720j:image

元旦の夕食。おせち家族用じゃないのは初めてだから今年はめっちゃ勉強した…。

f:id:shima_asari309:20170105125701j:image

 

めまぐるしい年越しを終えて2日になりやっと一息ついた。最後の繁忙期を終えると、仕事的にもあとはフェードしていく。

f:id:shima_asari309:20170105130502j:image

 

ハッとしたら、もう二週間をきっていた。

2日の出港を見守る時なんだか複雑な顔をしてしまったのは、寝不足のせいだけじゃない。

 

当たり前にあるものに、お別れを告げなくてはならない。なのにまだ、当たり前すぎて実感がわかない。

 

延長15回の夏があと少し。